自分の居場所

two woman sitting by the window laughing

今のあなたは、どういう場所が心地いいですか?

自分を認め高めてくれる場から足が遠のいたり、そんな場にいて疲れる時は要注意です。どこかのバランスを崩しています。それがどこなのか自分で分かって修復できればいいのですが、そんな時は自分のことを客観的に見るのも難しい状態でしょう。自分を高めてくれる場がどこなのかさえ見えなくなったりします。

自分のことを客観的に見ることができないのであれば、自分の周りに目を向けてみましょう。周りは自分を映す鏡です。そこに自分を立て直すヒントが映っているはずです。

もし自分の気に入らないことをしている人がいたら、その人はあなたに問いを与えてくれます。あなはたその気に入らない行為をしているのではないですか?と。

もし迷っている人がいたら、その人はあなたに問いを与えてくれます。あなたには決断しなければならないことがあるのではないですか?と。

もしその時その時の楽しさに溺れている人がいたら、その人はあなたに問いを与えてくれます。あなたは本当は何がしたいのですか?と。

周りからの問いに向き合うことで、今の自分が、そして自分のいるべき場所が見えてくるかもしれません。それでも自分が見つけられなかったら、一人で悩まず誰かに相談してみましょう。その誰かがいなければ、私たちがあなたの話を聞きます。自分の居場所は必ず見つかります。