HOME

MISSION

最高最善の人生へ

日本は長きに渡り、序列や共通意識を大切にしてきました。

しかしこれからは違います。周りと同じこと、平均してできることが良いとされてきた時代から、個性を重視する時代に変化しているのです。様々な個性を伸ばし、違いを認め合うことで、共存しながら新しいものを生み出していく必要があります。

人は、先祖から引き継がれた知恵、前世から積み重ねた能力、今生での経験によってできています。誰一人として同じ人はいません。今の自分に自信がなくても、今の自分に特技がなくても、それはあなたが、まだ自分のことをよく分かっていないから。自分を知ることで、世界は広がります。

オプティライフクラブでは、WHO健康の定義にあるように「肉体的にも、精神的にも、魂的にも、そして社会的にも、全てが動的に満たされた状態」である人を増やし、共栄共存できる社会を作るための、様々な提案や取り組みを行なっていきます。

肉体・精神・魂の三位一体

肉体・精神・魂の調和

肉体・精神・魂の三位一体で生きるとは、自分の中での対立が起きず、常に自分を見失うことなく生きるということです。

自分を含め現状を客観視でき、自分をコントロールできるということが、いかに満ちた状態を生み出せるかは、そこに行き着いた人にしか分からない感覚なのかもしれません。

そんなオプティマルライフ(最高最善の人生)を共に楽しみましょう。

最新情報